東京の歯科でマイクロスコープを使うことのメリット

東京の歯科でも増えているマイクロスコープは精密な治療をするために口の中を大きく拡大できる機器で、拡大鏡よりも約20倍も可能です。
マイクロスコープを東京の歯科で使うメリットは色々あります。


拡大鏡だと倍率を変えるたびにゴーグルをかえる必要があり、患者との距離でピントを調節するので倍率が上がると距離が遠くなって治療がしにくいです。

マイクロスコープは同じ姿勢で治療が可能です。

ガジェット通信情報を探しましょう。

拡大鏡だとLEDをつけても頭が重くなり揺れるため視野も変わり治療がしにくいですが、マイクロだと固定式なのでそれもなくダブルでLEDが付いていて大変明るいところで治療が出来ます。



さらに拡大鏡だと治療者しか画像が見られませんが、マイクロは医師が見ている画像を撮影し大きなモニターですぐに患者も見られます。

口の中を確認するときにも悪いところを拡大して見せられるので、説明もしやすく患者もわかりやすいです。東京でマイクロスコープを使った治療は、自費治療でも保険治療でも必要によって幅広く活用可能です。



医院によって自費治療のみや必要しだいで保険治療や自費治療でも使うところと異なっています。マイクロは技術力が高く実績もあっても年齢を重ねてしまい老眼などで悩んでいる歯科医にとっても、その悩みを改善してこれまでどおりに治療が出来るメリットもあります。機械自体もかなり高額で技術やノウハウなども必要なので、まだまだ導入している歯科は少ないですが今後増えていく可能性は高いです。