東京の歯科医院のマイクロスコープの導入率について

一般的にマイクロスコープは肌や頭皮チェックに使われていますが、東京の歯科医院の歯の治療でも取り入れられていて大きく拡大して見られることは同じでも歯科治療専用に開発されているのでかなり高価な機器です。

拡大だけならルーペがありますが、マイクロスコープだとルーペよりも拡大できて明るく照らせます。

肉眼では確認できないレベルでも見られるので歯や歯茎の状態もこれまで以上に把握できます。

東京で虫歯の治療をするときでも歯の表面を詳細に見られるので虫歯の早期発見や早期治療にもなります。

治療自体も精密になるので再発リスクも下がって、詰め物や被せ物でも役立ちます。

ミクロン単位で調整が出来るため長持ちします。



これまでの東京で行なっていた肉眼では見えないが経験や勘に頼った治療と、肉眼では見えないものまで見て行なう治療ではかなりの差があります。

海外の大学で歯科医療を学ぶときは顕微鏡の使用が前提となった教育が義務付けされていますが、日本では普及率があまり高くなく導入率も全国で3%から4%といわれています。

導入が遅れている理由に設備が高額で新たな技術の習得が必要、精密な治療になるので治療時間がかかり、現在の日本の制度では保険適用にならたないためです。



マイクロスコープを使うと精度の高い診断が可能になり、抜歯をしないで残せる可能性も高くなり大変繊細な仕上げも出来ます。治療を映像記録で残せますし再発率もかなり低くなります。
万能というわけではないですが精密さが要求される治療だと使うことでメリットも大きくなります。

ロケットニュース24について真剣に考えてみました。